脱毛におけるリスクとリスクに対する取り組み

患者様無料サポート窓口 無料カウンセリング予約

考えられる脱毛のリスク

どんな脱毛方法にも、リスクがあります。医療レーザー脱毛は医師の元で行う医療行為。そのため、もしトラブルがあっても、すぐに対応できるのは大きなメリット。万が一、肌トラブルなどが確認できた場合も当院では無料で対応させていただきます。治療費はもちろん、薬代などもいただいておりません。また、考えられるリスクに関しては、事前にしっかりと説明してからご契約いただくようにしています。

火傷

医療レーザー脱毛は、強力なレーザーで「毛乳頭」や「毛母細胞」と呼ばれる毛を生み出す組織を破壊し脱毛を実現する方法。
進化を続ける医療レーザーは、メラニン色素の黒色のみに反応し、肌に直接の影響はないと言われています。しかし、日焼けで肌が黒かったり、色素沈着を起こしている箇所があったりするとまれに火傷してしまうことも。
もちろん施術前に細かく診察を行い、照射のパワーなども患者様に合わせて設定しますが、それでも火傷の症状が出てしまうことがまれにあります。その際は、すぐに医師が適切な処置を行い、必要な場合は薬の処方もいたします。治療費や薬代はかかりませんのでご安心ください。

火傷は、強いレーザーを用いる医療脱毛だけに起こり得るリスクではありません。

家庭用の脱毛器や脱毛サロンなどでも、毛根に熱を加える脱毛法を採用している場合は、火傷してしまうことがあります。 家庭などで脱毛を行う場合も“パワーが弱いから大丈夫!”と過信せず、十分注意して脱毛を行いましょう。

照射部位の赤み

照射したばかりの肌には、たいていの場合、赤みの症状が現れます。太くて硬い毛の部分(両わき、VIOラインなど)は特に炎症が激しくなることが多く、ヒリヒリと痛みを伴うことも珍しくありません。
アフターケアとして、当院ではすぐに軟膏を塗布し炎症を最小限に抑えるようにしています。また、自宅でもケアができるよう軟膏をお渡しいたします。

このような症状は通常1~2日で治まります。念のため、数日は軟膏を塗布するようお願いしますが、それ以降も赤みやヒリヒリ感が治まらない場合はすぐにご相談ください。できるだけ優先的に予約をお取りし、担当の医師が診断させていただきます。その際、診察費などは頂戴いたしません。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎とは、毛穴の奥の毛包部分にある常在菌のブドウ球菌が感染し、炎症を起こしてしまうこと。別名、毛包炎(もうほうえん)とも言います。見た目はニキビのようで、かゆみや痛みなどの症状は特にありません。毛嚢炎は脱毛の自己処理後に発症することが多いですが、医療レーザー脱毛の後に起こる場合もあります。毛嚢炎の症状が確認された場合は医師が診察のうえ、必要であれば薬を処方いたします。

増毛化と硬毛化

照射を繰り返すと、毛が増える増毛化や硬い毛が生えてくる硬毛化が起こる場合があります。これらが、どのような原因で起こるかは、まだ分かっていません。しかし、ワキやVIOなど元々毛が多く太い場所ではなく、腕や背中など産毛が混じっている部分で増毛化と硬毛化は起こりやすいよう。
これらの症状は、照射を続けると改善されます。増毛化や硬毛化が確認された場合、当院では、コースが終了していても1年間は無料で追加の照射をさせていただいています。

打ち漏れについて

レーザー照射後、通常およそ2週間で照射した部分の毛はすべて抜け落ちます。もしも、毛が抜け落ちずにまとまって残っている箇所がある場合は、「打ち漏れ」かもしれません。
その場合は、照射から4週間以内にご連絡いただければ、無料で再度照射させていただきます。優先的に予約をお取りしますので、すぐにご連絡ください。

隅々まで考えられたあんしんシステム

タウン形成外科クリニックでは、リスク保証意外にもメリットがたくさん。たとえば、料金プランはまとまった金額が用意できなくてもすぐに始められるようさまざまなプランをご用意しています。また、追加料金がかからないのも大きなメリットではないでしょうか。痛みを軽減するための取り組みについても、最善を尽くしています。隅々まで考えられたタウン形成外科クリニックのあんしんシステムの脱毛をぜひお試しください。

当院のあんしん脱毛について>>