照射時の痛み軽減に対する取り組み

患者様無料サポート窓口 無料カウンセリング予約

「痛みがない」とは言いません

初めて医療レーザー脱毛を受けられる方は、ほとんどの方が痛みについて質問されます。その際、当院では「痛みがない」とは言いません。それは事実と異なるから。しかし、すべての人が痛みを感じるわけではないのも事実。よく言われるのが、「ゴムでパチンとはじかれるような痛み」ですが、これにも部位や人によって個人差があります。痛みに強い人はまったく痛みを感じない場合もありますが、逆に痛みに弱い人だと激痛に感じる場合もあるようです。

このように、痛みについては個人差がありますが、脱毛には、痛みに耐えて行うだけのメリットがあると考えています。当院では、痛みを理由に脱毛を断念してほしくないという思いから、痛みの軽減に全力を尽くしています。

できるだけ痛みの少ない機器を導入

メディオスターNeXT

当院が選んだのは痛みが少ないことで注目の「メディオスターNeXT」。毛根組織を強いパワーで破壊する従来の機器とは異なり、毛根を育てる働きをするバルジ領域をじっくりと熱で破壊する医療レーザー脱毛機器です。この方法だと、瞬間的な痛みが少なく、痛みをほとんど感じない方も多いです。

流れ

また、「メディオスターNeXT」は照射範囲も広いので、照射の時間を短縮することが可能です。これは、痛みを感じる時間も短くて済むということです。

メディオスターNeXTについて>>

タイミングは患者様のご希望に沿って

照射のタイミングによって、痛みの感じ方は変わってきます。痛い部分を早く終わらせたい方、ゆっくり時間をかけた方が安心できる方。また、順番に関してもご希望があると思います。当院では、患者様のご希望に沿って照射を進めてまいりますので、安心感が違います。
また、痛みが強いと思われる箇所については、必ずお声掛けするようにしています。突然、痛みが襲ってくるのは、精神的にも負担になります。できるだけ、リラックスしていただけるよう充分配慮いたします。

痛みを抑えるため施術は冷やしながら

レーザーが当たるとその部分に痛みを感じます。そのため、冷やしながら照射を行い、痛みを軽減しています。痛みは、照射中だからと言って我慢する必要はありません。以前の施術時に特に強く痛みを感じた部分などがある場合には、先にお知らせください。照射前に少し冷やすなどの対策を講じることができます。また、冷却は炎症を抑制するのにも有効なので、炎症が激しい場合もこの方法で照射を行っています。

麻酔クリームの使用

使用機器や照射方法や、冷却などの取り組みのほかに、ご希望があれば麻酔クリームを使用することもできます。麻酔クリームは効果が出るのに少し時間がかかるので、ご予約の30分前にご来院ください。
VIOラインは痛みを感じやすい部分なので、比較的麻酔クリームを使用される方がおおいです。